読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隙あらば寝る

うぇぶのかいしゃではたらくえんじにあがかいています

仕様と実装と時間

仕事でソフトウェアを作る時の話。

ソフトウェアの仕様決め、プログラムの作成(実装)、だいたいの場合この2つは別の人が行う。

仕様が無いとプログラムは書けない。

文書として存在するかは関係なく、どういう物を作かという考えは必ず必要。

自分はプログラム書く人なので仕様が決まるまでは助言する程度の補助的な役割になるのだが、まぁ仕様があっさり決まることなんて無い。

一方で、通常は納期が決まっているので時間は有限であることが多い。

この2つが重なると、プログラムを書く時間が削られてデスマーチとか炎上プロジェクトとかいう事になる。

この状態については世の中的に認められていると思うんだけど、じゃあどうするのかについて決定打が無い。

締め切りを伸ばすのは1つの手だと思うが常に使えるわけでは無い。

しかも、これは対処療法であり根本の仕様が決まらない点については解消されない。

結局のところ優秀な人が仕様を決めるしかないのだろうか。

とか考えながら開発開始が遅れた案件に対応している今日この頃。